So-net無料ブログ作成

Appleのロゴから考えさせられるブランディングとは? [ロゴ(logo)]

Appleの初代ロゴは、「リンゴの木の下にアイザック・ニュートンが座っている」
デザインとなっていました。

Apple logo (1976).jpgApple logo (1976)

スティーブ・ジョブズは、この「ニュートン」のロゴが、売上げに影響している
と考え、シンプルで単純な「虹色のストライプ」のロゴにしました。

Apple logo (1976-1998).jpgApple logo (1976-1998)

初代ロゴが今でも使われていたとしたらどうでしょう?.
持っているパソコンやiPhoneの背面ロゴを初代ロゴと置き換えて想像すると
わかると思います。

世界中で有名なブランドの企業ロゴを見てみると・・・。
単純な色とデザインで、覚えやすいデザインとなっています。

ロゴのデザインは、企業のブランディング(企業価値)向上に影響を与えています。
亡くなられたスティーブ・ジョブズは、ブランディングの天才ですね。

今のAppleのロゴは、どうでしょうか?。わたしはシンプルで好きですが。

Apple logo (Current).jpgApple logo (Current)

 


タグ:Apple ロゴ
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

うた

初めましてApple好きの者ですが、初代ロゴを初めて拝見しました。なんだか老舗のファッションブランドみたいでアジがありますね。
by うた (2013-12-06 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。